乾燥肌にならないようにしっかり対策しよう

潤うお手入れ法

スキンケアする女性

水分が蒸発しやすい乾燥肌の女性のお風呂を利用した対策には、潤い成分を補うのみならず、効果を最大限高めるためにも肌温度や巡りを整えることが大切で、浸透力を高められるマッサージによる馴染ませテクニックで、乾燥から肌を守ることが容易に行えます。

More Detail

女性の大敵肌トラブル

顔に触れる女の人

肌の水分量が劇的に低下した状態を乾燥肌といいます。粉を吹いたようにカサカサな手触りになってしまう乾燥肌ですが、食生活の工夫と毎日のケアで対策することが出来ます。まずはビタミン類をしっかりと取り、お風呂あがりの化粧水も欠かさないようにしましょう。

More Detail

お風呂による潤いケア

鏡を見る女の人

お風呂でケアするメリット

身体を温め、新陳代謝を高めることのできる入浴法ですが、長風呂によっては肌に負担をかけてしまいやすく、潤いが奪われ、逆に乾燥しやすい肌状態を作りやすくなります。特に乾燥肌に悩む女性にとっては、入浴中にもしっかりとした保湿対策が肝心です。お風呂の温度は高過ぎることで潤いも奪われやすく、水分をこまめに摂りながら身体の内側からも潤いを補給します。特に乾燥しやすい時期には、湯船に浸かりながら保湿成分配合となるシートマスクでケアすることで乾燥を防ぐことができ、メイクオフや洗顔なども水分が蒸発しやすいため、ダメージを与えないよう、オイル配合の化粧品を賢く使い分けることで対策が可能です。さらに入浴剤も保湿性が高く、代謝を促す生姜湯や柚湯などが乾燥を予防できる特徴が挙げられています。

楽しながらスキンケア

乾燥肌対策として、女子の場合にはお風呂でのケアが人気を集めています。しっとりボディを作ることが目的となり、特に効果が期待できると評価を高めている乾燥肌対策となるのが、オイルによるかけ湯です。キャリアオイルを用いることがポイントとなり、数滴をお湯に入れ、かけ湯の要領で頭から全身にオイル湯をかけます。保湿性の高いオイルが皮膜を作るため、お風呂上がりに蒸発しやすい必要な水分をしっかりキープさせることができるため、オイルによる入浴法は人気を集めています。また、超乾燥肌対策となるのが、お風呂上がりに行うボディクリームによるケアで、保湿成分のみならず唐辛子成分などが配合された血行促進効果のあるクリームが人気で、バスタイムを利用する保湿ケアによって、夜のスキンケアがラクになり、血行が促進された状態であるため、満足できる効果に期待できると、人気のケア法として取り入れられています。

カサカサ肌の予防と改善

化粧水を持つ手

潤いがなくなり、かさかさになってしまう乾燥肌。季節や年齢なども関係していますが、悩んでいる人も大勢おり、その対策に関する情報や方法に関してもさまざまなメディアなどで扱われ、関連商品なども多く出回っています。

More Detail